backport

技術ネタと野球とときどき雑談

Gradle Versions Pluginで手軽に更新チェック

2016-07-09
development Android , Gradle

Gradle Versions Pluginは依存ライブラリの更新チェックをしてくれるプラグインです。

Androidで開発しているとAndroid Support LibraryやGoogle Play Services LibraryといったGoogle純正ライブラリだけでなく、多くのOSSライブラリを組み込むことが多いんじゃないかと思います。開発が活発なものはちょこちょこバージョンが上がるんですが、それを逐一追いかけるのって大変ですよね。Gradle Versions Pluginがあれば一発でチェックできます。

導入は他のプラグインと同様。JCenterにホストされているのでrepositoriesにjcenter()を指定するのをお忘れなく。

buildscript {
    repositories {
        jcenter()
    }

    dependencies {
        classpath 'com.github.ben-manes:gradle-versions-plugin:0.13.0'
    }
}

apply plugin: 'com.github.ben-manes.versions'

これでdependencyUpdatesというTaskが追加されます。

実行結果のフォーマットはいろいろ指定できますが、標準だとこうなります。

The following dependencies are using the latest milestone version:
 - com.neenbedankt.gradle.plugins:android-apt:1.8

The following dependencies have later milestone versions:
 - com.android.support:appcompat-v7 [23.1.1 -> 24.0.0]
 - com.android.support:design [23.1.1 -> 24.0.0]
 - com.google.android.gms:play-services-ads [8.3.0 -> 9.2.0]
 - com.google.android.gms:play-services-analytics [8.3.0 -> 9.2.0]
 - com.google.dagger:dagger [2.0.2 -> 2.5]
 - com.google.dagger:dagger-compiler [2.0.2 -> 2.5]
 - javax.annotation:jsr250-api [1.0 -> 1.0-20050927.133100]

ちなみにGradle Versions Pluginの仕事はあくまで更新チェックだけ。自動的に更新されるわけじゃありません。更新すべきかどうかは更新内容を見て判断したいですしね。



コメント欄を表示する