Hugoで注釈のリンクが上手くいかないときはbaseタグを疑え

2017/05/07

Hugoの小ネタ。

HugoはMarkdownを処理するのにBlackfridayというGoで書かれたライブラリを使っています。Blackfridayは標準のMarkdown記法に加えていくつかの拡張記法がサポートされています。注釈(Footnotes)もそのひとつ。

文章の本文です。1

のように書くと注釈として扱われます。2

で、せっかく使えるなら、と思って注釈を書いてみたらリンクがうまく機能しませんでした。どうやら注釈のリンクは相対パスで生成されるようです。なので<base href>が指定されているとうまくいかない、と。併用する方法が分からなかったのでtemplateから素直に<base href>を除去しました。


  1. これは注釈です ↩︎

  2. HTMLに変換されるとこんな感じになります。 ↩︎




関連(するかもしれない)記事


おススメ