backport

技術ネタと野球とときどき雑談

CrossWalk is currently unmaintained.

2017/07/04
development Android

Crosswalkが知らぬ間に開発終了していました。2017年2月にリリースしたCrosswalk 23が最終バージョンとのこと。知らなかった...

Crosswalk - Crosswalk 23 to be the last Crosswalk release

Crosswalkは”HTML application runtime”です。Chromiumをベースに作られていて、iOS、Androidなど、多くのプラットフォーム向けにup-to-dateなWebランタイムエンジンを提供することを目的としています。要するにベターなWebViewですね。

一番の用途はAndroidのWebView代替じゃないでしょうか。以前からAndroidのWebViewは

  • 遅い
  • 古い(WebKitベースで最近の仕様を取り込めていない)
  • バージョンごとに挙動に差異がある
  • WebView単体でバージョンアップできない(OS丸ごとバージョンアップしないとダメ)
  • Android 4.3以前の脆弱性サポートはすでに打ち切られている

といいとこなしでした。これはCordovaなどを使ったHTML5ベースのハイブリッドアプリを作る際のネックでもあります。「iOSだとちゃんと動くのにAndroidは...」と。

これを解消する有力策がCrosswalk。容量が嵩むという弱点はありながらも、Android 4.0以降に対応していてAndroidとiOSのWebView差異を埋めてくれる貴重な存在でした。

ところが、Androidは5.0以降でWebViewをChromiumベースに変更し、かつ単体でアップデートできるようになっています。前述の欠点が概ね解決しちゃったわけですね。

そんな背景もあってCrosswalkは開発を打ち切ったのだと思います。5.0以降が普及するのを待っていたんでしょう。

とは言え、4系のシェアはまだ25%くらいあるので、いきなりお役御免とはならないはず。当面はCrosswalk 23を使いつつ、4系のシェアが減少していくのを待つ、という感じでしょうか。

OSSなので誰かが開発を引き継ぐ可能性もゼロではありませんが、ちょっと望み薄かな...



コメント欄を表示する